トケンラン

今年もランの道を訪れた。
いつも、トケンランの花の時期に合わせるので、コケイランやサイハイランは花の旬を過ぎているのだけれど、
今年はトケンランも旬を過ぎていた。

c0344412_08141495.jpg
遅く行くといいこともある。誰かが花を求めて通った道(勝手に花人道と名付けた)が残っているのだ。
去年、今まで咲いていた場所に花の姿がなくなって、偶然見つけた花が今年はなかった、
どうしようかと思っていたら、獣道ならぬ花人道を見つけたのだ。
その跡をたどっていってトケンランにたどり着いた。


c0344412_08142857.jpg
トケンランの顔(^^)


c0344412_08145342.jpg
コケイランはまだきれいな花が残っいてた。


c0344412_08150075.jpg
コケイランの顔(^^)


c0344412_08150985.jpg
サイハイランはてっぺんまで咲いている。


c0344412_08151760.jpg
サイハイランは顔を隠して咲く。

外は真夏日だが、この道は涼しい風が吹く。ひとりのんびり熊鈴を鳴らしながら花探し。


[PR]
by krsmagg | 2016-05-23 08:37 | ラン | Comments(2)
Commented by makokuni at 2016-05-23 12:29 x
magさん、こんにちは。
ランいろいろ、いいですねえ。こちらに比べて、林床が健全だと思います。
こちらはシカの食害で林床が丸裸のところがほとんどです。何処でも歩けるので踏み跡ができないくらいです。悲しいことです。
Commented by krsmagg at 2016-05-23 18:23
☆makokuniさん、こんばんは。
シカの食害で踏み跡ができない! そんなことになっているのですか。
こちらは熊がいるので、守られているのでしょうか???
初めてこの道へ入ったときは熊が怖くて(熊が多いところだと言われていて)、すぐに出ていたのですが、何回も訪れて少し気が大きくなっています。
いろいろな花を探してのんびり歩きました。熊鈴だけは大きく鳴らして。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 道々の花 臥龍山の花 >>