<   2015年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ケスハマソウやあい④


c0344412_21185887.jpg

今回は赤いケスハマソウを求めて谷を下りました。
にぎやかな集団です。


c0344412_21191816.jpg
ほんのり縁が色づいている花もあります。


c0344412_21205568.jpg
とびっきりのべっぴんさんは互いに好きな方を向いていました。



c0344412_21260561.jpg
八重の花もあります。


c0344412_21193069.jpg
白い花と赤い花が混在しています。


c0344412_21202207.jpg
もちろん、白い花の方が多いのです。
ケスハマソウを堪能しました。


ケスハマソウ・・・スライドにまとめました。


[PR]
by krsmagg | 2015-03-31 06:44 | | Comments(2)

小さな春

3月26日、ツバメが飛んでいました。モンシロチョウが飛んでいました。
いよいよ春の到来です。

c0344412_19540676.jpg
川土手ではイヌナズナが咲き始めています。


c0344412_19543106.jpg
畔にも春が来ました。


c0344412_19544847.jpg
枯草に隠れて咲いているのはヒメスミレです。
この畦で、ヒメスミレの花に注目するのは009.gifだけです。
田んぼの持ち主もここにヒメスミレが咲くことを知りません。
去年から稲作がされなくなって、畦の草刈りも半分になりました。
ますます隠れて咲くのでしょう、いえいえ、隠れては咲けないのかも。
小さな小さな春です。


c0344412_19550823.jpg
シロバナタンポポはあちこちで咲いています。


c0344412_19551984.jpg
イタドリハムシもぞろぞろと出てきました。

最近の暖かさでいちどきに目が覚めたのでしょう、花も虫もわっと出てきましたょ。


[PR]
by krsmagg | 2015-03-30 09:25 | | Comments(2)

ホソバナコバイモ②

c0344412_15553869.jpg
ホソバナコバイモが満開だった。


c0344412_15555051.jpg
満開といっても下を向いて、これで目いっぱい。


c0344412_15555926.jpg

おやおや、背骨がぐねっと曲がってしまったねえ。



c0344412_15560738.jpg

こちらは上を向いて咲いている。

素直にまっすぐ育つことができない事情があるのだねえ。


[PR]
by krsmagg | 2015-03-29 06:18 | | Comments(4)

シロバナショウジヨウバカマ

c0344412_15412466.jpg

シロバナショウジヨウバカマは斜面が大好き。



c0344412_15413911.jpg
垂直だってかまやしない。


c0344412_15414610.jpg

石垣の隙間だってへっちゃらよ。


c0344412_15415231.jpg

どうしてかって聞かれてもねえ…。


c0344412_15423779.jpg

好きなものは好きなのであって。


[PR]
by krsmagg | 2015-03-28 07:33 | | Comments(6)

春虎の谷

c0344412_06575386.jpg

今年も春虎の谷へ行った。


c0344412_06582378.jpg
この谷は暗くて暗くてどうにも撮りづらい場所であるのだが。


c0344412_06583418.jpg
今年はお日様の差し込み具合が大変よろしくて、
陽のあたっている花があった。


c0344412_06584962.jpg

それはそれで白飛びをして撮りづらいのだが、林内が明るいのが嬉しい。


c0344412_06585601.jpg
今までで一番花が多かったような気がする。
一度に咲いたのだろうか。


c0344412_07190879.jpg
コガネネコノメソウにもしっかり陽があたっていた。





[PR]
by krsmagg | 2015-03-27 07:12 | | Comments(4)

山は白いが・・・

c0344412_07041233.jpg
戸河内ICを降りると遠く白い山が迎えてくれた。
山はまだ冬の気配が残っているようだが、里は春真っただ中、
本日の目当ての黄色っぽいセリバオウレンは完全に種になっていた。


c0344412_06593747.jpg

それならと2度目のアズマイチゲのお花見だ。
天気はいいけれど、陽があたらない時間なので、花はしぼんだまま。
まあ、開いても花は傷んでいるのでねぇ。


c0344412_06595296.jpg
こちらは全開とまではいかないが、何とか開いている。
前回は咲き始めで葉が開いていなかったが、もう完全に葉が開いて、
緑のじゅうたんの中に白い花が咲いている。
傷んだ花は遠くから撮る。


c0344412_07002429.jpg
金網の中にアオイスミレが咲いていた。


c0344412_07003544.jpg
兎の耳が三つある。うほっ、おもしろいね。



[PR]
by krsmagg | 2015-03-26 07:34 | | Comments(0)

温室入り娘

c0344412_06512290.jpg

大切な我が家の箱入り娘である。
温室入り娘の方が正しいかな。


c0344412_06515193.jpg

今年もきれいな花を咲かせてくれた。


c0344412_06520104.jpg
ミニコチョウラン、この花を買った店はとうに閉店になっているというのに。


c0344412_06523043.jpg

10年以上咲き続けている記念に切手発行。



[PR]
by krsmagg | 2015-03-25 07:05 | | Comments(4)

群生

c0344412_19202785.jpg
花友とケスハマソウを見た帰り道、ミツマタ群生地に寄った、久しぶりだ。
うまく撮れないので、しばらく遠ざかっていたのだが、こんなに早い時期に訪れることはない。
いつもカタクリの花を見るついでに寄る。


c0344412_19205429.jpg
予想通り、咲き始めのようだった、花がきれいだった。


c0344412_19210698.jpg
確かに花はきれいだったが、全体を撮るのが難しいのは変わらない。
山いっぱいに咲いているのだけれど、これではミツマタだってわからないよ。


c0344412_19213780.jpg
立ち木を入れたり小川を入れたり、橋を入れたり・・・。


c0344412_19242373.jpg
えいっ、開き直りだ、このぐじゃぐじゃを撮ろう。
ぐじゃぐじゃと咲いているミツマタを。


c0344412_19243894.jpg
ねっ、ぐじゃぐじゃ咲いているでしょ。


c0344412_19493922.jpg
一つ一つの花はこんなにかわいいのだけれどねえ。



[PR]
by krsmagg | 2015-03-24 06:46 | | Comments(2)

皮膚腫瘍摘出術 <粉瘤>

c0344412_19281224.jpg



3月16日
本格的な手術である。手術説明・同意書にサインしての。
ちゃんと手術室に入っての。
いや、手術室でなくても、診察室でもできますよとは事前に説明を受けたのであるが。
どうせなら手術室の方がいいからねえ。
右目の上の小さなおできを切除するだけなので、大したことはないのだが、手術着に仕替え、点滴をされて、
手足を固定され、顔を手術部位だけ出してあとは隠しての、本格的な手術なのであった。
麻酔を打たれ、ライトがともり、腫瘍摘出術が始まった。
ぷちっぶちっと小さな音がするのははさみか何かで切っているのだろうか。
皮膚が強く引っ張られる感触があるのは何をしているのだろう。
痛くはないけれど、このまま引っ張られたら体がついていってしまうのではないかと不安になる。
いやあ、そんなことはないだろう、手足が固定されていて、この体重だもの、
なんて自分で答えを出しているうちに手術は終わっていた。
ふと、目に入る点滴の袋、500mlまだほとんど残っているよ。
まさか、これが済むまで帰れない?  心配になって看護師に聞くと、
「念のためにしているだけなので、めまいも何もなければ点滴は終了です。」だって。
めまい無し、すぐに外してもらって手術室退出。
手術室に入ってから出るまで、30分以上かかっていた、思っていたよりしんどかった。
なんていうが、済んでしまえばなんということはない、自分で運転して帰るし、ついでに買い物もして帰る。
次の日はケスハマソウ探しに出かけるし。


3月23日
抜糸の日である。
糸を抜くときが意外と痛いことを知っているので、覚悟してきたが、
担当のH島医師は上手なのかしらね、全然痛くなかった。
感謝。
「組織を調べましたが、悪性ではありませんでした。」
「袋の中にたまっていたものはCaでした。」
「終了です。」

3ヶ月気になっていたおできとやっと離れることができた。
気分が晴れて、畑仕事をする意欲が出た009.gifである。
また、どこかにできたら、今度はすぐに医者に診てもらうことにすると決めた009.gifである。


[PR]
by krsmagg | 2015-03-23 19:22 | くらし | Comments(0)

ケスハマソウやあい③

c0344412_07320152.jpg
「また、ケスハマソウを見に行くんかぃ。」
「えへっ、今年3回目だよ。」


c0344412_07315790.jpg

「帝釈峡に行ったらそん時何ぼでも見られるのに、わざわざ行かんでも。」
「咲き始めの花を見たいんよ、自生地の様子も気になるしね。」



c0344412_07321428.jpg

「おっ、縁がピンクの花があったぞ。」
「この前蕾がピンクじゃったけぇ、気になっとったんよ。」


c0344412_07324488.jpg

「あっ、ここにもピンクの花があるよ。」
「ねっ、何回も来たらええことがあるじゃろ。」

もう、ピンクの花には会えんかと思うとった。
やっぱり何回も来て確かめんにゃあいけんねぇ。




[PR]
by krsmagg | 2015-03-23 07:52 | | Comments(4)