<   2016年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

うちのシロ

c0344412_09324286.jpg
うちのシロハラである。
名前をシロちゃんという。
最近隣の庭から引っ越してきて、我が家の庭を掘り返している。
3mくらいの距離ならじっと見つめあう間柄になっている。
愛いやつである。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-31 09:36 | | Comments(4)

川土手の春

c0344412_07051543.jpg
黒瀬川の土手に咲くイヌナズナ。
しゃがみこんで、腹ばいになって撮る。


c0344412_07052183.jpg
犬がついてもナズナだからね、ぺんぺん草は同じ。


c0344412_07053320.jpg
しゃがみこんだところにタチイヌノフグリが咲いていた。


c0344412_07054525.jpg
しゃがみこまなければ気がつかなかった。
この土手で、この時期に、タチイヌノフグリを見たのは初めてだ。


c0344412_07055398.jpg
シロバナタンポポはしゃがみこまなくてもよく見える。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-30 07:00 | | Comments(0)

ヒメスミレ

c0344412_14194373.jpg
田んぼの畔に咲くヒメスミレ。


c0344412_14212017.jpg
草に隠れて咲いている。


c0344412_14211485.jpg
名前の通り、小さな小さなスミレ。
いろいろ探しているけれど、この畦と隣の家の石垣で見るだけ。
少し乾いたところが好きなようだ。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-29 06:40 | スミレ | Comments(4)

黒瀬川の鳥

黒瀬川沿いの道を歩いた。

c0344412_13584233.jpg
「ホー、ケキョ」となく鶯がいた、まだ歌の練習中。


c0344412_13584878.jpg
枝被りしない場所を探してそろそろと移動していると散歩の人が立ち止まってここからがいいよと教えてくれる、
残念ながら009.gifの背丈ではそこも枝被り、小さな親切大きなお世話だねぇ、ウグイスが逃げてしまったょ。


c0344412_13590645.jpg
少し離れた場所にいたキジ。
家の近くの放棄田にソーラーパネルが設置されて以来キジの姿が見えなくなった。
ここまで出向くと会えるのか。


c0344412_13591265.jpg
ムクドリを撮るのも久しぶり。


c0344412_13592013.jpg
アオジがいた。


c0344412_13593260.jpg
赤くないけれど、ベニマシコ?


c0344412_13594168.jpg
トビが上空をゆったりと舞う。

各地で桜の開花が宣言されたけれどまだ寒い風が吹く。
春本番にはもう少しみたい。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-28 08:35 | | Comments(4)

フクジュソウ

c0344412_13504928.jpg
フクジュソウが満開。


c0344412_13521522.jpg
イブキスミレ?が咲いていた。


c0344412_13522958.jpg
シロバナネコノメソウが咲き始め。


c0344412_13524430.jpg
いたるところでヤマネコノメソウが咲いている。
あまり多すぎてスルーするのだけれど、よくよく見ればきれいだなと思う。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-27 13:57 | | Comments(4)

キバナノアマナ

c0344412_17465835.jpg
キバナノアマナが咲き始めているよと風の便り。
早速出かけた。


c0344412_17470533.jpg
満開を迎えていた。


c0344412_17471725.jpg
こんなにたくさんの花をつけて!!!


c0344412_17473783.jpg
見上げるような場所でも。


c0344412_17542046.jpg
アマナも咲いていた。

同じアマナだけれど、似ているのは葉っぱだけ?


[PR]
by krsmagg | 2016-03-26 07:00 | | Comments(0)

ケスハマソウやあい③

ケスハマソウを求めて第3弾!!!

c0344412_07022653.jpg
杉林の暗いくらい林床にピンクのケスハマソウが咲いていた。


c0344412_07031144.jpg
今年は2株見つけた。増えてくれるといいなぁ。


c0344412_07055372.jpg
こちらは別の場所、ごつい感じがする花だ。


c0344412_07060299.jpg
優しいピンクの花。


c0344412_07070393.jpg
また、別の場所。ここには白い花だけが咲く。


c0344412_07064648.jpg
友人の真似をして玉ボケを狙ったが・・・。


c0344412_07071281.jpg
双子の花があった。

今年のケスハマソウ巡りは今回で終了かな。
花が痛んできているし、小さい虫がもぐれついている。
あと1か所気になっている場所があるのだけれど、花の時期に間に合わないだろうなあ・・・。




[PR]
by krsmagg | 2016-03-25 07:16 | | Comments(2)

シマアジ

鳥取県を移動中、携帯が鳴る。
「シマアジが来ているよ。」
ナガハシスミレは逃げないけれど、シマアジは逃げるよなあ。でも、戻れないよぅぅ。
どうぞ、帰るまでいてくれますように。いや、帰りはもう暗い、明日までいてくれますように。

c0344412_06574062.jpg
次の朝早く、教わった池へ急いだ。
大きい池の真ん中に一目でそれとわかる水鳥がいた。
眉班が白く目立つ、シマアジの♂だ。


c0344412_06580099.jpg
ホシハジロやキンクロハジロと一緒にゆるやか、一度だけ飛び立った。


c0344412_06584425.jpg
カメが甲羅干しをしている。


c0344412_06585531.jpg
イソシギもいた。

遠くてうまく撮れなかったので、午後も池に行った。
少しでも近くに来ていないかなと思ったのだが、やはり池の真ん中。
よし、もう一度! と次の朝も出かけたが、もういなかった。
情報をいただいたMさんも確認に来ておられた、結局2日だけの滞在だったようだ。
鳥見を始めて30年以上というMさんが、黒瀬で見たのは今回で3度目だとか。
大変珍しい鳥を観察できたことに感謝、感謝である。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-24 07:21 | | Comments(2)

山陰型タチツボスミレ?

c0344412_06472649.jpg
ナガハシスミレと同じ場所に咲いていた。


c0344412_06473163.jpg
山陰型タチツボスミレだと思う。だって、山陰に咲いているからね。


c0344412_06474276.jpg
距はうっすら紫色。


c0344412_06480038.jpg
葉には光沢がなく、基部が切型になっている。と思う。


[PR]
by krsmagg | 2016-03-23 12:46 | スミレ | Comments(0)

ナガハシスミレ

c0344412_18040513.jpg
ナガハシスミレ 別名テングスミレ (長い嘴あるいは天狗の鼻を持つスミレ)
特別に距が長いスミレだ。


c0344412_18042710.jpg
島根県以北の日本海側に分布するスミレで、今回出かけたのは鳥取県の某海岸。
片道5時間、必死の思いで出かけてきた。


c0344412_18044501.jpg
長い間見たい見たいと思っていたスミレである。


c0344412_18045610.jpg
本当に天狗の鼻が並んでいるよう。


c0344412_18055962.jpg
あるところにはあるもので、そこいらじゅうに咲いている。


c0344412_18363168.jpg
ビロウドツリアブが食事中、きっと蜜まで届いているだろうね。


c0344412_18063155.jpg
距はまっすぐだったりまがっていたり、いろいろだ。光沢のある葉。


鳥取県の海岸まで遠出して、やっと見ることができたナガハシスミレ。
まだまだ見たいスミレがたくさんあるのはどうしよう("^ω^)


[PR]
by krsmagg | 2016-03-23 06:58 | スミレ | Comments(6)