<   2017年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ヨメナロード

c0344412_06421258.jpg
登山道にはミヤマヨメナが満開、ヨメナロードと呼ばれている。


c0344412_06424221.jpg
少しだけヨメナロードを歩いた、ずっとずっと続いているらしい。


c0344412_06425502.jpg
ヨメナロードは、白いスカートで歩きたいな。


c0344412_06422400.jpg
♫ ♪ 嫁に来ないか~ 僕のところへ~ ♫ ♪ 
何ともべたな連想だねぇ。


c0344412_06420221.jpg
歌いながら見つけた花、タチシオデ。


c0344412_06415405.jpg
歌いながら見上げた、白樺林。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-31 06:58 |

マイヅルソウ

c0344412_20343635.jpg
マイヅルソウ(舞鶴草)  ユリ科マイヅルソウ属
キジカクシ科だったり、スズラン亜科だったり、???な花。


c0344412_20345380.jpg
群生という言葉がびたり。


c0344412_20350443.jpg
葉が特徴的。


c0344412_20353045.jpg
花は( ^ω^)・・・


[PR]
by krsmagg | 2017-05-30 07:00 |

ウスバシロチョウ

5月27日は、ウスバシロチョウが止まる日だった。

c0344412_20532078.jpg
ウスバクロチョウと言いたい?!


c0344412_20534501.jpg
クマイチゴの花で吸蜜。


c0344412_20533987.jpg
次々に花を移動して吸蜜。


c0344412_20540013.jpg
もう1頭やって来た。


今年はウスバシロチョウを撮れなかったなあと思っていた、ラッキー!(^^)!


[PR]
by krsmagg | 2017-05-29 06:33 | チョウ

花の山

遊歩道から外れた場所にカメラを構えた一団がいた。
「何か珍しい花があるのですか。」と尋ねると「ミツバツツジの花が咲いています。」という返事。
コバノミツバツツジならよく知っているが、ミツバツツジ!?
それは見ておかなくっちゃと、一団が去った後その場所へ。

ミツバツツジは少ししか咲いてなかったが、イワカガミが咲いていた。

c0344412_18082737.jpg
ミツバツツジそっちのけでイワカガミを撮る。


c0344412_18083785.jpg
116.pngのあと、二人組もやって来た。
オオイワカガミではなくて、イワカガミだと教えていただく。


c0344412_18043672.jpg
白いエビネ


c0344412_21151367.jpg
クロフネサイシン


c0344412_18094149.jpg
ツルキンバイ




c0344412_18092469.jpg
シャクナゲ

5月20日、花の山を満喫したのであります。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-28 13:00 | 皿ヶ嶺の花

テンナンショウ2種

c0344412_18282775.jpg
オモゴウテンナンショウは、愛媛県面河峡に産するテンナンショウ、本場で見ることができた。
広島県にも自生地はあるらしいが・・・。


c0344412_18283300.jpg
葉は1枚、茎が傾いている。


c0344412_18290837.jpg
舷部の先が細くなって長く伸びている。


c0344412_18313718.jpg
仏炎苞の模様


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


c0344412_18320858.jpg
オモゴウテンナンショウの隣に全く違ったテンナンショウがあった。


c0344412_18322087.jpg
葉は1枚、仏炎苞は黄緑色に白い条が入る。

ヒロハテンナンショウかな、だったらいいな。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-28 09:29 | 皿ヶ嶺の花

シコクナベワリ

c0344412_07301577.jpg
5/11、蕾だった花が気になっていた。


c0344412_21113296.jpg
5/20、咲いていた。シコクナベワリだった。


c0344412_21121115.jpg
下を向いているので撮りにくい。


c0344412_21121743.jpg
後姿もかわいらしいが。


c0344412_21122730.jpg
赤い蕊が強烈!(^^)!


[PR]
by krsmagg | 2017-05-27 05:37 | 皿ヶ嶺の花

すみれ2種

c0344412_07061768.jpg
今回の目的の花のひとつ、コミヤマスミレ。
地元にも咲く花だけれど、滝の水しぶきがかかる暗い場所に咲く。


c0344412_07062306.jpg
明るい場所で撮りたかったのだ。


c0344412_07072529.jpg
こんなに陽がさすところで群生していた。
ただ、日当たりが良すぎて花がよれていたのが惜しい。


c0344412_07064584.jpg
こちらはアカフタチツボスミレと一緒。


c0344412_07082281.jpg
アカフタチツボスミレも見たかった花。
葉脈が赤くなるタチツボスミレ、初見の花だ。


c0344412_07082895.jpg
ほとんど花が終わっていた、咲いている株を114.png109.pngが見つけてくれる。
そう、今回は6つの目で探したのだ。たくさんの花に出会えた。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-26 11:00 | 皿ヶ嶺の花

イシモチソウ

c0344412_17485918.jpg
イシモチソウが満開だ。絶滅危惧Ⅱ類だが、わが町ではいろんなところで見ることができる。
が、年々少なくなっていることは確かなようだ。


c0344412_17485390.jpg
白い清楚な花を咲かせて甘い誘惑をする。


c0344412_17490821.jpg
何でもだけれど、見かけの美しさに惑わされて近づくと、とんでもないことになるよね。


c0344412_17491674.jpg
ほらね、貴方はどの魔手に抱かれたい?


c0344412_17492862.jpg
ねちっこく捕まえてあげるわよぅ(@^^)/~~~


[PR]
by krsmagg | 2017-05-24 07:00 |

ラン、ラン

c0344412_08430133.jpg
158.png 「盗掘されそうな花は、ブログに載せないでくださいよ。」
116.png 「ええっ、そんなぁ・・・。」  


c0344412_08431392.jpg
158.png 「情報が拡散されるスピードが、今、ものすごく速いのです。」
116.png 「それはよくわかっているけれど・・・。」


c0344412_08440269.jpg
158.png 「だから、細心の注意を払ってください。」
116.png 「自生地名を書かなければいいかな。」


c0344412_08441179.jpg
158.png 「もう一つ、花の名前を載せなければ!!」
116.png 「なるほど。それなら検索にひっかからない!」


c0344412_08442119.jpg

158.png 「そう、地名を出さない、名前を出さない。一番は写真を出さない。」
158.png 「この際だから、もう一つ。目当ての花を撮るために他の花を踏んづけない。」
158.png 「カメラで撮るだけ、採集はしていないといいながら、花の環境を壊していると自覚すること。」

116.png 「むむ・・・」


178.pngこの度、山のパトロールをしている方と出会い、お話する機会がありました。
「自分はカメラで花を撮るだけ。」「貴重な花を採集するなんてけしからん。」という人がいるが、
花の自生地を踏み荒らしていることに気がついていない人が多い。
今は芽を出していない花が土の下に隠れているかもしれない、そこを踏み固めては芽を出すときに出せないでしょう。
そこまで考えて花を撮っていますか。


これから気を付けます。ありがとうございました。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-23 07:23 | ラン

4/18 県北の花

c0344412_17552577.jpg
よく見るユキザサより大きくて立派なユキザサがあった。
オオバユキザサかな? と思ったが、オオバユキザサは雌雄異株らしい。
ということは、これもユキザサ。


c0344412_17555090.jpg
ヤマシャクヤクが咲いていた。


c0344412_17560745.jpg
リュウキンカが満開。


c0344412_17561941.jpg
八幡地区のサクラソウ。


c0344412_17565958.jpg
ツクシタツナミソウはまだ固い蕾。今年こそ、花の時期に訪れたいと思うが・・・。


c0344412_17543124.jpg
まだ、シハいスミレが咲いていた。


c0344412_17541769.jpg
おまけはアカスジキンカメムシの幼虫。成虫に会いたいよ。


[PR]
by krsmagg | 2017-05-22 06:33 |