みかん収穫ボランティア

c0344412_09481941.jpg
みかんを背景にメジロがいる。
そう、23日、また、みかんの島に行ってきた。

前回の料理教室で、同じ班のKさんが「みかん狩りはいかがですか。」
Kさんは年間を通してみかんの島に通っている。
友人と即答、「行きます、行きます。」

ただ、この時、話をよく理解していなかった二人、Kさんの話に時々ボランティアという言葉が入ってくる。
みかん狩りと収穫ボランティアでは少し意味合いが違うだろう。
まあ、どっちでもいいや、お土産にみかんがついてくるということだけは確かだ。

9:30、安芸灘大橋の入り口に集合して蒲刈へ渡った。
すぐそこいら辺で収穫するのかなと思ったら、次の橋を渡り、その次の橋も渡って
グネグネと狭い道を進んで、山の中腹がみかん畑だった。

みかん農家の方に話を聞いて、しっかりとわかった、ボランティアだった。
おしゃべりばかりしていると手元が留守になるから・・・なんて言う注意もあった。
Kさんともうひとり一緒に来た人も、ボランティアの経験者で、仕事内容はしっかり把握している。
二人に鋏の使い方、収穫できないみかん、落としたみかんの扱い等教わって収穫を始める。

鈴なりになっているみかんを一つ一つ切り取っていく。
「急がなくていいですから、ゆっくり仕事をしてくださいね。」と言われるが、急ぐつもりもなく、さぼるつもりもない。
目の前のみかんを籠いっぱいにして、コンテナに移す作業、意外と楽しいのだ。
うん、収穫は何でも楽しいものだよ。
気が付いたら、12時を過ぎていて、昼食の時間になっていた。

午後も続けて作業、その場所を全部とったら、次の畑へ行って作業。
この日は風のない穏やかな日だったが、前日は海から上がってくる風がきつくてしんどかったらしい。
温州ミカンだけでなく、いろいろな種類が植えられていて、作業途中、それぞれを試食させてもらう。
少しずつ味が違っていて、ポンカンと掛け合わせてあるのが一番のお気に入りだった。
もう少し熟して来たら、もっとおいしくなるということだった。
作業終了午後3時。
段ボール箱一杯、お土産をもらって帰った。
人生、初ボランティア003.gif


急な斜面には、みかんを運ぶためにモノラックが敷かれている。
最初のみかん畑は途中イノシシ除けの柵があって、モノラックに乗らなければ行かれなくなっていた。
人生、初モノラック乗り003.gif


c0344412_09480275.jpg
昼休憩はメジロの追っかけだ。
いくらでもメジロがいる、目の前で、みかんを食べるのもいる。
撮り放題なのだ。




More・・・・・
[PR]
# by krsmagg | 2014-12-25 10:57 | くらし

日記2冊目

c0344412_1682160.jpg

2014年印象に残った花  カワラハハコ 


2011年に始めたMag's Diaryが容量一杯になりました。
まだブログを続ける力が残っているので、日記2冊目に入ります。
長くブログを続けていると内容が繰り返しになるけれど、
同じ生活ができるというのは、喜びなのかな!?

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
# by krsmagg | 2014-12-23 20:03 | くらし