タグ:絶滅危惧Ⅱ類 ( 23 ) タグの人気記事

トケンラン

c0344412_18102162.jpg
トケンラン(杜鵑蘭) ラン科サイハイラン属 絶滅危惧Ⅱ類


c0344412_18103516.jpg
今年もトケンランが咲いたよと、風の便り、出かけなくっちゃと思いながら、いろいろ忙しくて、
そろそろ花が終わりそうな頃やっと出かけてきた。


c0344412_18104679.jpg
今回は花友と3人、見る目が+4だからね、116.png一人ではきっと見つけられなかっただろう場所に咲いていたょ。


c0344412_18111519.jpg
お花見は1人より3人だね。


c0344412_18112241.jpg
どうしてかな、この花を見ると、"あばたもえくぼ"という言葉が頭をよぎる。


[PR]
by krsmagg | 2017-06-02 18:36 | ラン | Comments(2)

イシモチソウ

c0344412_17485918.jpg
イシモチソウが満開だ。絶滅危惧Ⅱ類だが、わが町ではいろんなところで見ることができる。
が、年々少なくなっていることは確かなようだ。


c0344412_17485390.jpg
白い清楚な花を咲かせて甘い誘惑をする。


c0344412_17490821.jpg
何でもだけれど、見かけの美しさに惑わされて近づくと、とんでもないことになるよね。


c0344412_17491674.jpg
ほらね、貴方はどの魔手に抱かれたい?


c0344412_17492862.jpg
ねちっこく捕まえてあげるわよぅ(@^^)/~~~


[PR]
by krsmagg | 2017-05-24 07:00 | | Comments(4)

ユウシュンラン

c0344412_14200571.jpg
ユウシュンラン(祐舜蘭) ラン科キンラン属
祐舜は人の名前だそうだ。2個の花が向き合っておしゃべり中^^;


c0344412_14202444.jpg
葉緑素は持っているが、葉は退化していて、菌に依存する度合いが非常に強い植物という。


c0344412_14204220.jpg
全部で5個の花をつけている。
さしあたって、祐舜おばさんたちが身振り手振りよろしく、大声で井戸端会議を開いているところかな。


c0344412_14211129.jpg
花は終わっていたが、この株は葉の数が多い。


178.pngユウシュンランは、何年か前に遊歩道沿いで一度見たことがある。
以来出会いがなかった花だ、今回たくさんの株を見た。ちょうど花盛りに出向くことができた、ラッキー(#^^#)


[PR]
by krsmagg | 2017-05-07 07:00 | ラン | Comments(2)

ヒメヒゴタイ

☆ 姫平江帯 ☆

c0344412_22061011.jpg
ヒメヒゴタイ キク科トウヒレン属
小さな谷を隔てた斜面に咲いている。望遠レンズでなく、近くで撮りたいょ。


c0344412_22060046.jpg
周りの草や木が伸び放題になっているから、負けなきゃいいけれど・・・。


c0344412_22052600.jpg
いつまでもこの地で咲いてほしい。


[PR]
by krsmagg | 2016-10-06 06:23 | | Comments(4)

ヒナノカンザシ

c0344412_21371847.jpg
ヒナノカンザシ(雛の簪) ヒメハギ科ヒナノカンザシ属
日当たりのいい湿地に咲く。


c0344412_21373322.jpg
花は蕾のときは紫色で、開花すると先に少し紫色が残った白い花になる。
 

c0344412_21373760.jpg
湿地の乾燥化で少なくなっているという。


[PR]
by krsmagg | 2016-08-10 07:05 | | Comments(0)

トンボソウ

c0344412_06382086.jpg
トンボソウ ラン科トンボソウ属
オオバノトンボソウやコバノトンボソウはツレサギソウ属だが、トンボソウはトンボソウ属、
どこかはっきりとした違いがあるのだろう。

  
c0344412_06383963.jpg
オオバノトンボソウに比べ茎が細い、葉も柔らかい感じがする。


c0344412_06385043.jpg
花はそっくりだけれど、トンボのしっぽが短いね。


c0344412_06390165.jpg
ずっと探していたのだが、あるブログで、009.gif がいつも行く湿原に自生するとあるのを見て、去年から本気で探した。
去年探したところと少し離れた場所にあった。
課題一つクリアー003.gif


[PR]
by krsmagg | 2016-07-16 07:00 | ラン | Comments(2)

ウチョウラン

今年は、花の時期と日程が合わなくて、ウチョウランの花を見るのをあきらめていた。
が、9日夜、灰ヶ峰ヒメボタルカウント観察会で、「見れるとしたら、ぎり明日だろうね。」と、
今年もウチョウランを観察した花仲間が言った言葉に、お出かけスイッチが入ってしまった。
10日、日曜日、絶対に遅いだろうと、ほんの少し迷ったのではあるが、
気がついたら高速に乗っていたというのはいつもどおり。

c0344412_11121610.jpg
で、やっぱり遅すぎた。残っている花があったが茶色くなっていた。しかも遠く高い場所。

そういえば、すぐ近くに、もう1ヶ所ウチョウランの株があると花仲間が言っていたょ。
それを探そう。


c0344412_11122920.jpg
それはすぐに見つかった。
ちょうど花盛りのようだ、きれいなピンク色が遠めに確認できた。


c0344412_11123532.jpg
「もっと近くで見たいよ。」なんてことは言わない。
いつまでもそこで咲いてておくれ !(^^)!


[PR]
by krsmagg | 2016-07-14 08:00 | ラン | Comments(8)

ヒメシジミ

ゼフ探索に出かけたのだから、タイトルはゼフとしたいところだが("^ω^)・・・

c0344412_06513449.jpg
ゼフが撮れたのはこれ一枚、
アイノミドリシジミがもう出ているよという確認はできた^^;


c0344412_06522617.jpg
ヒメキマダラセセリ


c0344412_07163223.jpg
一番たくさんいたのがヒメシジミ、最盛期だった。
どこに行ってもいた。


c0344412_07154837.jpg
みんなとてもきれいなので、無視できない。


c0344412_07165405.jpg
たくさんたくさん撮った。


c0344412_07170220.jpg
メスの開翅も。


いるところにはいるけれど、湿地が少なくなっていって減少傾向にあるんだという、
広島県RDBでは絶滅危惧Ⅱ類になっている。
ヒメシジミが好む草原が別荘地として開発されているらしい。
そういえば今回出かけた所にも別荘地があった。
今のうちに撮っておかなくてはいけないのかな。


[PR]
by krsmagg | 2016-06-24 07:45 | チョウ | Comments(4)

ヒロシマサナエ

何年かかったかなあ("^ω^)・・・
ヒロシマサナエを探しても探してもみつからず、もう、あきらめようと思ったり。。。
今年、ゼフ探索に出かけて、時期が早かったのか全く出会えず、009.gifはトンボ探索に切り替えて。。。
ゼフ仲間が一緒に探してあげるよと嬉しい申し出。。。

その仲間が、トンボがいるよと見つけてくれたのが、探し求めていたヒロシマサナエだった。。。

c0344412_18412417.jpg
逃げられてはかなわんから、まず遠くから一枚、まるでスポットライトが当たっているよう。
今年こそ見つけてくれと言わんばかり(*^-^*)


c0344412_18413483.jpg
ゆっくり近づいてもう一枚。
これはヒロシマサナエだと確信をしたのは、今までこんなサナエトンボは見たことがない、そう感じたのだ。
細い腹がなんとも華奢である。

近づきすぎて飛ばれてしまったが、すぐ近くに降りてくれた。


c0344412_18422596.jpg
胸の模様を撮らなくっちゃね。


c0344412_18430679.jpg
黒条が1本、途中で切れている・・・ヒロシマサナエだ。


c0344412_18434221.jpg
ヒロシマサナエ♂ 広島県RDB絶滅危惧Ⅱ類


動体視力のいい仲間に感謝・感謝であります。
またしてもおんぶにだっこ003.gif


[PR]
by krsmagg | 2016-06-21 19:15 | トンボ | Comments(8)

ヤマトキソウ

時期をずらして、たびたび同じ場所を訪れるものだねえ。
ここは毎年1度は訪れる場所だけれど、今年は週に1度、計3度も訪れたのだ。
今年は、近くでササユリの蕾を見つけたものだから、咲いた花を見たくて訪れた3度目、
ヤマトキソウが咲いているのを見つけたのだ。

c0344412_21310030.jpg
ヤマトキソウは深入山で見たことがある、わが町でも自生していると聞くが、まだ探し当てていない。
ここは隣町、ほんの少し車を走らせればお花見が可能。


c0344412_21312137.jpg
これで花開いているヤマトキソウ、『なんでこんなもんにさかしになるんかいのう。』と自分でも思う。
誰かが言っていたょ、『珍しい』と『美しい』がごっちゃになっていると。
広島県RDB絶滅危惧Ⅱ類。


c0344412_21315894.jpg
隣ではカキランが咲き始めていた。
カキランをこの地で見るのも初めてだ。


c0344412_21320637.jpg
こちらはただただ美しい。
柿色と桃色をコラボさせるなんてね、ちょっとユニークな演出だ。
咲いていたのは一株だけ、さあ、あちこちでカキランが待っているぞ。


[PR]
by krsmagg | 2016-06-09 06:50 | ラン | Comments(4)