ジャノメチョウ・クロツバメシジミ

ナミキソウの浜にはジャノメチョウが飛んでいた。
わんさか飛んでいた。こんなに大量にいるのを見たのは初めてだ。一足出すと数頭飛び立つ。
大量発生の何か特別な事情でもあるのだろうか。

c0344412_13165427.jpg

シロバナハマゴウに止まるジャノメチョウ


c0344412_13165809.jpg

止まった直後は翅を開くので、止まったと思ったらカメラを構えるのだけれど、
2度ほど翅を開いたらそれで終わり、ピントを合わせている間に閉じられてしまって間に合わない。
カンカン照りの草むらで、熱中症になってはかなわない、適当に切り上げて。

せっかく海辺へ来たのだから、クロツバメシジミのお寺へでも回りましょう。


c0344412_13171589.jpg

クロツバメシジミはいたのだけれど、もうボロボロだった。



c0344412_13172740.jpg

翅はちぎれ、斑紋の色も薄くなっていて、ちょっと見にはクロツバメシジミに見えないほど。
暑いから石垣に止まるのが嫌なのかねぇ、こんな姿勢ではくたびれるだろうに。

009.gifも暑いので、さっさと切り上げて、韓流ドラマが待っている家へ急いだのであります。

062.gifチョウの先輩から、クロツバメシジミは第2化の終わりだろうと教えていただきました。
もう少しすれば、第3化が出ますよと。
その頃に再度訪れようと思います。


[PR]
by krsmagg | 2015-07-19 07:00 | チョウ


<< ガスの帽子 ナミキソウ >>