人気ブログランキング |

タグ:ヒロオビミドリシジミ ( 5 ) タグの人気記事

チョウの丘

今年も早寝早起き月間が始まったょ。
午前3時過ぎに起き、家を4時に出て、仲間と待ち合わせて、チョウの丘へ7時到着。
あれ、駐車場に一台も車が止まっていない。
まだ発生していないのか!?

不安的中、どうも発生が遅れているようだ。チョウの姿がない。

c0344412_17580345.jpg
探し回ってやっと見つけたヒロオビミドリシジミ。


c0344412_07080628.jpg
やっぱり気の早いチョウがいる。


c0344412_17583317.jpg
陽が高くなると翅を開かなくなった。


c0344412_18202422.jpg
草むらを進んでいると、アカシジミが飛び出した。いいところへ止まってくれた。


c0344412_18203043.jpg
最近出会いが少なくなっているからねぇ、嬉しい。


さあ、次の場所に移動だょ。


by krsmagg | 2017-06-08 06:47 | チョウ

ウラジロミドリシジミ

ウラミスジシジミを見たポイントは、今回、ヒロオビミドリシジミとウラジロミドリシジミを目的にやってきた。
どちらも出てきてくれたが、ウラミスジと遊ぶ方が面白くて、30分ほったらかし、
その間に、飛び立つ準備がしっかりできたのもいて、開翅が撮れたのはウラジロミドリシジミ1頭のみ。


c0344412_18292577.jpg
ヒロオビミドリシジミ♀ ウラミスジと遊んでいる間にいなくなっていた。


c0344412_18293634.jpg
ヒロオビミドリシジミ♂ まだいたが、開翅せずに飛び立った。


c0344412_18305198.jpg
ウラジロミドリシジミA
5:47からずっとこの場所を動かない。日当たりが良くない場所なので、他を見回ってきては、様子を見ていたが、
7:40になっても一向に翅を開きそうにない、開翅を撮るのはあきらめる。


c0344412_18310158.jpg
ウラジロミドリシジミB 
7:18 翅をすりすりし始めた。


c0344412_18312349.jpg
7:20 翅を開いた。
が、開いたり閉じたりして落ち着きがないので、Aの観察に回る。


c0344412_18322258.jpg
7:53 Aをあきらめて戻ってきたら開翅していた。


c0344412_18322849.jpg
落ち着いてずっと開翅しているので、バシバシと撮る。


c0344412_18323680.jpg
ウラジロミドリシジミらしい色が撮れただろうか。


by krsmagg | 2016-06-18 07:00 | チョウ

ヒロオビミドリシジミ

c0344412_06283849.jpg
6/2、フライング覚悟で出かけたチョウの丘、ヒロオビミドリシジミがもう出ていた。


c0344412_06394815.jpg
日陰だとこんな色になる、ストローを伸ばしている。


c0344412_06302769.jpg
気温が高いせいか、翅を開くと同時に飛び立ってしまって、やっと撮れた開翅、
ススキの葉が邪魔になってよい角度から撮れなかったのが残念。
ヒロオビミドリシジミなら、金緑色を撮らなくっちゃというけれど、青い色しか撮れないこともあるょ。


by krsmagg | 2016-06-05 06:44 | チョウ

初めてのポイント

日記なのに、そのときの気分でUPする悪い癖がついてしまって、日曜日が先になってしまった。
5年日記帳ならあとで書こうがちゃんと順番に並んでいるのにね。今回は土曜日の話。
チョウの仲間から教わっていたゼフのポイント、この1週間気になっていたのだが、土曜日にやっと出かけてきた。

朝起きたら晴れていたのであわてて出かけたという、いつものパターン、現地についたのは6時半過ぎだった。
初めて訪れたポイントだ。ナラガシワが道筋に並んでいる。
着いてすぐアカシジミが目の前に止まっているのが見えたので、幸先いいぞと思ったら、
そうはいかないのがゼフ探索だ、
枝を揺らすとそこそこ出て来るのだけれど、見失ったり、また見失ったり、止まった場所が遠かったり・・・。


c0344412_04224718.jpg

なんとか近寄れる場所に止まってくれたのが、ウラジロミドリシジミだった。
すぐには飛び立ちそうになかったので、開翅までは時間があるだろうと思って他の場所を回っている間にいなくなっていた。


c0344412_04232234.jpg

次に見つけたのはヒロオビミドリシジミ、ススキの葉に止まっているのが偶然見えた。
ススキが邪魔になるのだけれど、飛ばれてはいけないので隙間から狙った、風がなくて助かった。
これもじっとして動かないので、他を回って陽がさすのを待つことにして。
30分ほどたって陽がさしてきた。戻ってみるとまだじっとして動かない。
「翅を開かないつもりなのかい?」と尋ねたら、ほほっ、何も言わずに飛び立っていったょ。
まあ、こんなもんだねぇ。


そこへチョウ仲間がやってきた。
ゼフ期間にだけ出会うチョウ仲間。1年ぶりの逢瀬である。
もう、1ヶ所探索が済んで、そこでとても大きな成果があったという、カメラを覗かせてもらう。
名前を明かせないが、009.gifも知っているゼフがカメラの中にいた。
何年も通って、やっと出会えたという話、聞くだけでも楽しいが、陽がさしている、急いでゼフを探さなくっちゃ!!!


c0344412_04235344.jpg
それから二人でゼフを探す。
着いたときに出会ったアカシジミだろうか、陽があたって美しい。
最初に撮った写真はボツだね。

いよいよ明るくなり、気温も高くなって、出て来るものはみんな飛んで上に上がる。
今日の探索はおしまいだ。

3ヶ所目へ急ぐ仲間と別れて、彼が成果のあったというポイントを教えてもらい、そちらへ回った。
時間が遅いので、ゼフの姿は見れなかった。また今度。


c0344412_04240420.jpg

ゼフではないけれど、ここにはオオヒカゲもいた。009.gifはあまり出会いがないチョウだ。


c0344412_04251093.jpg

オグラコウホネの池にも寄って帰った。


by krsmagg | 2015-06-24 05:28 | チョウ

ヒロオビミドリシジミ

ゼフの季節がやってきた。
午前4時起床、午前7時に仲間と待ち合わせをして、ゼフの丘に急ぐ。
ああ、もう1時間早く来ればよかったなあ、とてもいい天気で、ナラガシワ林にはかんかんに陽があたっていた。
採集者もちらりほらり、「いないですねえ、今年は出現が早かったのですねえ。」の言葉に不安になる。


c0344412_07002572.jpg
採集者の網をかいくぐって、最初に見つけたのはヒロオビミドリシジミの♀、静かに撮る。


c0344412_07015229.jpg
↑と同一個体、傷のないきれいな個体、羽化直後だろうか。


c0344412_07001256.jpg
同一個体


c0344412_07030776.jpg
草むらを歩いているとチョウが飛び立つことが何度かあった。
草むらの中に下りていることがあるようだ。
気をつけて歩かなくては。


c0344412_07033430.jpg
ゆっくり近づいて撮る。小さい蠅とごあいさつかな。


c0344412_07031351.jpg
次に草むらから飛び立ったのは青い色が見えた。♂だ。うーむ高いなあ。
どうぞ下りてくださいとお願いをして・・・。


c0344412_07023858.jpg

やったね。
少し遠いけれど、100mmマクロで撮れる位置。しかも開翅!!!

もう少し前から撮りたかったのに・・・、もう少し翅を広げてくれればよかったのに・・・、
いろいろ不満はあるけれど、とにかく青い色に出会えたことに感謝である。

さあ、まだまだ探すぞ。


by krsmagg | 2015-06-12 07:45 | チョウ